みんな知ってる?身長を伸ばす正しい方法【食事・食べ物・栄養編】
子供の身長を伸ばす!お母さんにおすすめしたいサプリ特集【小学生編】
身長を伸ばす正しい方法【小学生】
サプリの正しい摂り方・飲み方
私の体験記・子供の成長ライフ
お母さんにおすすめしたい!子供の身長が伸びるサプリ特集【小学生編】

身長を効率的に伸ばせる食事とは?

身長を効率的に伸ばせる食事とは?

成長して強い身体を作るには、食べ物がとても大事なことは誰もが承知していますよね。特に成長期に必要な栄養素は、カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・タンパク質・亜鉛の5つと言われます。

各栄養素が助け合って強い骨を作り、成長させてくれているので、これらの栄養素をバランス良く摂ることがとても大事です。

カルシウム

カルシウム

骨の芯であるコラーゲンを支える。成長期の骨は毎日生まれ変わるので継続して毎日摂取するのが望ましい。

カルシウムを含む代表的な食品:乳製品(牛乳、チーズ、ヨーグルト)、海産物(海藻、小魚)、野菜(小松菜、切干大根、大根葉)、大豆製品(豆腐、油揚げ、納豆)

カルシウムを摂るためのメニュー例:ホワイトシチュー、しらす入り卵焼き、小松菜と油揚げの煮浸し、納豆オムレツ

マグネシウム

マグネシウム

骨の強度を高め、タンパク質の合成を助け、エネルギーの代謝にも役立つミネラル。

マグネシウムを含む代表的な食品:豆類(豆腐、納豆、インゲン豆)、貝類(牡蠣、あさり、しじみ)、種実類(アーモンド、落花生、ごま)、野菜(ほうれん草、ゴボウ)

マグネシウムを摂るためのメニュー例:牡蠣のグラタン、ほうれん草のごま和え、納豆巻き、ボンゴレビアンコ

ビタミンD

ビタミンD

カルシウムの吸収をスムーズにしたり、カルシウムを骨に沈着させたりする役割を果たす。

ビタミンDを含む代表的な食品:きのこ類(しいたけ、しめじ、きくらげ)、魚介類(いわし、かつお、さんま、ぶり、鮭)

ビタミンDを摂るためのメニュー例:しいたけの肉詰め、きくらげとトマトの卵とじ、いわしの梅煮、ぶりの照り焼き

タンパク質

タンパク質

アミノ酸が集まって出来た栄養素で、骨の芯となるコラーゲンを形成する。

タンパク質を含む代表的な食品:肉類(牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉)、魚介類(まぐろ、さんま、たら、ヒラメ)、豆類(木綿豆腐、高野豆腐、油揚げ)、乳製品(牛乳、チーズ、バター)、卵(鶏卵、ウズラの卵)

タンパク質を摂るためのメニュー例:おいなりさん、ハンバーグ、肉じゃが、豚肉の生姜焼き、スクランブルエッグ

亜鉛

亜鉛

代謝をスムーズにして骨の成長を助ける。

亜鉛を含む代表的な食品:魚介類(牡蠣、あさり、煮干し)、肉類(レバー、赤身)、豆類(きなこ、納豆)、種実類(ごま、クルミ)

亜鉛を摂るためのメニュー例:レバニラ炒め、ビーフシチュー、鶏肉のカシューナッツ炒め、きなこ餅、ごま団子

簡単に摂取できるサプリがおすすめ!

さて、上記の栄養素を毎日バランス良く、そしてまんべんなく摂取できるメニューを作るのは、忙しいお母さんにとっては至難の業ですね。特に好き嫌いが多い子供にあの手この手を使って食べさせるにも限界があります。

でも子供にしっかり栄養を摂らせたいと思うのは親の常ですよね。そんなとき、有効成分を摂取するためにサプリメントを補助的に使うというのも1つの手です。子供の成長応援サプリはたくさん出ていますが、それぞれ成分も効果もちがいます。お子さんの好き嫌いを含めた各家庭の食事の傾向に合わせて、成長する上で毎日不足しがちな成分を含むサプリを探してみるのもいいですね。そうすると目的がはっきりするので、効くのかな?効かないのかな?と不安になることもなく、必要なサプリを自分できちんと選ぶことができると思います。

PAGE TOP