みんな知ってる?身長を伸ばす正しい方法【運動・スポーツ編】
子供の身長を伸ばす!お母さんにおすすめしたいサプリ特集【小学生編】
身長を伸ばす正しい方法【小学生】
サプリの正しい摂り方・飲み方
私の体験記・子供の成長ライフ
お母さんにおすすめしたい!子供の身長が伸びるサプリ特集【小学生編】

身長を伸ばすためにはスポーツが必要!

身長を伸ばすためにはスポーツが必要!

スポーツと身長の関連性については、様々な意見が飛び交っています。「スポーツをすると身長が伸びなくなる」といった意見も耳にしますし、「大きくなりたいならスポーツをするべきだ」と言われこともあります。

すべてのスポーツについて総括的には言えませんが、背を伸ばすためには運動が欠かせないというのは事実のようです。深い睡眠のときに分泌されるあの貴重な成長ホルモンは運動中にも分泌されるので、その機会を増やすことはとても重要です。特に身体全体をまんべんなく動かす運動は成長ホルモンを分泌させるので、全身運動を心がけましょう。

また、骨を縦方向に刺激する運動、たとえばバスケットボールやバレーボール、ダンスなども身長を伸ばしたい人には良いスポーツだと言われます。垂直方向に適度な刺激が加わると、骨がその刺激に耐えられるように成長していくので、よくジャンプする運動がベストですね。

骨に適度な縦方向の刺激を与えるには、体育の授業や部活でやるようなスポーツだけでなく、かけっこやジョギングなどでも十分に効果があります。つまり鬼ごっこやケードロ、隠れんぼ、缶けり、なわとびといった子供の外遊びなども、実は身長を伸ばすのに役立っているんですね。

要注意!成長を止めてしまうスポーツもある!

要注意!成長を止めてしまうスポーツもある!

では「スポーツをすると身長が伸びなくなる」というのはウソだったのか、というと実はそうでもないんです。身長を伸ばすために役立つスポーツもあれば、実際に身長が伸びるのを止めてしまうスポーツもあります。

筋肉をつけるタイプの運動は、骨に過度の圧力がかかってしまうため、身長が伸びにくくなります。空手や柔道などの格闘技系、または重量挙げなどの筋肉トレーニングをやっていると、身体が横にガッシリと大きくなる代わりに、垂直方向に伸びなくなる傾向があります。

また、身体を垂直方向に伸ばすバスケやバレーなどのスポーツをしていても、猛烈な練習やしごきなどは逆効果です。格闘技や筋トレなどと同じように骨に必要以上の圧力をかけることになってしまい、結果身長が伸びるのを止めてしまう可能性が高くなります。

適度な運動量で垂直方向に身体を伸ばすこと、そして全身運動を行うことが、身長を伸ばすのに有効であることを覚えておくとよいでしょう。

運動嫌いな子はどうしたらいい?

運動嫌いな子はどうしたらいい?

とは言え、運動が嫌い、身体を動かすことが苦手、という子供もいます。嫌がる子供に無理矢理運動をさせて、それによって子供がストレスを感じてしまうと成長ホルモンの分泌に悪影響が出てしまうので、それもよくありません。

運動を嫌がる子供の傾向として、幼少期に外遊びをしなかったという例が多く見られるそうです。身体を動かして気持ちよかった体験がないと、友達の前で自分だけ出来ずに恥をかく危険性のあるスポーツなんかはやりたくなくなりますよね。

でも身体は動かせば動かすほど運動に適した状態になっていくものです。小学校からでも中学校からでも遅くはありません。親や周囲の大人が一緒に身体を動かすことから始めるのがいちばんスムーズです。なわとびやキャッチボールといった気軽にすぐそこで出来るものから、やってみて楽しかったという経験ができると、気持ちも身体も変化していくと思います。

PAGE TOP